スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノエシス、感想とメモ

某フリゲサイトのランキング上位作品で、イラストかわいいなぁと手にとってしまったらずぶずぶと。
連続自殺事件・通り魔事件などミステリー風味な要素があり、ついつい続きを読んでしまいます。時折入る哲学的な内容も、良いスパイスになっています。
かなりのボリュームがある作品ですが、一気にプレイしてしまいました(01~02)。
01の最後の、納得のいくどんでん返しがありつつ、02への期待を煽る終わり方がすごかった(こなみ)。
予想はできなかったけど、納得はできる・あぁそういうことってなる絶妙な情報の出し方もうまかったなぁ。

フルボイスリメイクが決まっているらしく楽しみです、とても。
フルボイス+OP/ED有りで01~02の分量が2倍・・・となると、R18ゲーレベルの値段で出るのかなぁ...。

以下ネタバレありで(個人用のメモを兼ねて)














一番好きなキャラは一夜。
てより、02では最初の独白で一夜のポジションがだいたい予想できちゃったせいか、一夜を疑う仲間キャラにそこまで移入できなかったというか・・・。一夜がどっちサイドのキャラかわからない方が、全体的に怖いまま楽しめたのかも。

違和感のあった場所・印象に残った部分などのメモ
(メモを取り始めたのは02の途中から、01は記憶を頼りにレベルすぎて…何か他にも引っかかったことあったと思うけどなんだろう)
01
もう1人の自分、ドッペルゲンガー
 >(ただのホラー演出&スパイス? 特に回収はなかった気がする)
・記憶、人は2回死ぬ
・幽霊、死者の声
 >記憶は意思を持っている
 >(02のラストなどでもキーになってたね) 幽霊を幽霊として認識できるものがいなくなったとき、幽霊はこの世から消えてしまう
 「時雨と千夜の記憶によって一夜は活きてる、一夜と千夜は姉妹だからまだしも、なんで時雨も?」
  >(時雨の過去の伏線やったのね)
・こよみを守ろうとしていた人形
 >何も信じられない虚構、こよみにとってマネキンは両親
 >壊されるとこよみの心を守るために、人形は代替を作ろうとする(バッドエンド)
  >こよみの秘密、こよみが両親を殺していたこと(誰も信じられない虚構の世界に閉じこもる)
   (憂姫と時雨との3人の生活を守るための秘密)
・憂姫の成長の様子を見守る写真
 >姉妹であることの伏線
・一夜先輩の筆跡で投書されたいじめについての密告(憂姫ではない)
 >(02、本人がやったっぽいね)


ただのプレイメモとかしてるぞ
02
(01の千夜√/憂姫√/こよみ√を解決した世界観?)
 >結局時間を戻すうんぬんは全部ブラフで、01の後に続く世界だった…のか?
 >那由多っさん・・・
・4人の生徒を殺すシーン、残酷な誰か
 >通り魔事件の一部、警察を内部から崩す時のシーンのこと
・那由多、休んで色々調べてる
 >黒い指輪を手に入れていた?
・許さないと書きなぐられた道路、いもしない子どもを探す親
 >化物が子どもを食べたあと、そっくりの人形を配置していた...etc という一連の流れの最初の伏線、とても不気味
やたらと引っかかった「詰め物」という単語
 >回収たぶんなし、不明(本ゲームプレイ時にはこの伏線の存在も忘却してた)
・新聞:5年前の飛行機事故:たかしろ(一夜?)
 >(恐らく「たかしろ かよ」の名前があった? 最後まで名前は伏せられていたよ)
・寿命はどこから取ってくる?
 >あなたの寿命の対価として、町が大変なことになってます。一夜は天使ですよ
・那由多「詰んでしまったらどうする?」「自分以外すべてニセモノ・ツクリモノ」
 >哲学のゾンビ系の導入だったのかこれ、割とこの状況を的確に表した言葉だったのかも
・お互いに釘をさしギリギリのところで離れないように 
 >憂姫√とこよみ√経由したあとの結論がそれなのか・・・
・魔法使った、みんな死んじゃった、こんな体になっちゃった(那由多=遥?)
 >違いました 那由多っさんは完全に謎、音無彩音ポジと思っとく
・千夜の語る時雨の能力、「化物が見える」「(別次元にアクセスできる?(とはなんぞ?))」(こよみの人形は見えない?)
 >こよみの人形は幽霊だからかね?(幽霊の見える能力は遥が持ってる)
・千夜「一夜が指輪を作り連続通魔事件を起こした」千夜「5年前に死んだ姉の幽霊」
・赤い本、赤い指輪 遺伝子改造で全身の筋肉を強化、構造を不安定に
 一夜(人の意識をのっとり内容に沿った最後を迎えさせる)
 青い指輪 (那由多にオシエられて千夜がもってる、どこにあった?)
 一夜(爆発させる)
 黄色い指輪 (宗教団体が持ってた奴、現那由多?)
 一夜(内緒です♥)
・怪物、包丁持ってる 赤い怪物(遺伝子改造)とはまた別
 >怪物・赤い人・人形の違い?
 >どれも遺伝子改造で創りだされたもので、厳密な区別はない?
・(怪物を倒したあとで) 那由多「この光景を千夜が見たら違う結末があったかもね」「もう始まってしまった、誰にも止められない」「サイコロを最初に振ったのは時雨の隣にいる人」
 >意味ありげなことを言いつつ特に意味はない、那由多っさんだもん
・自分の首をしめる赤い化物
 >黒い指輪を使った結果?(那由多) 化物の心を奪う
 >意味のないものに意味を与える、指輪はただの偽物よん
・一夜「あなたの能力は、弱いもののために存在する」「自分のためではない」
 >一夜のルーツにあるもの、一夜は悪者を演じて時雨を成長させようとしてるだけだもの...
・一夜が犯人なら怪物が一夜を襲うのは変
・哲学的ゾンビの話初登場よん
憂姫「頭のなかに自分そっくりの人形を持っている」「わたしの中にはわたしが2人、それぞれが互いを助けあって存在している」「普通に生活してるなら決して気づかないもう1人の自分」
 >ドッペルゲンガー推しはなんなんや? 哲学的ゾンビ導入部なだけ...? 何か見逃してる・・・?
・化物はツクリモノ? 人の意識をのっとったもの?
 >だいたいはツクリモノなんじゃないの?
 >人の意識をのっとった→集団的パロース?
・前の世界、細胞培養の話をしていた憂姫と一夜
 >細胞の培養の話は未回収?
 >憂姫√でのいずれは全部死ぬみたいな話への導入ってだけ?
・誰も居ないはずなのに侵入警報が鳴るので外されていた警報&化学準備室、薬品をくすねる
 >那由多、警備会社の動きの下見と爆弾の材料
・5年前の事故、同じ飛行機に乗り合わせていたはず(知っていた?)
 一夜、5年前の事故で死亡、その後学校の何処かで何かをし続けていた
 なぜ那由多・千夜が一夜を野放しにする?(手鏡の破壊をしない)
  >那由多と千夜が強行手段を取って一夜を滅しようとしないのはなぜ?
・機械みたいに板書するクラスメイト
 >全員ゾンビに置き換わっている
・那由多、骨折してもすぐに直せる 生き残る決意
 那由多、失ってしまった大切な何かに眼差しが向いている
 大切な人が目の前で死んだ(時雨と同じらしい?)、戦う理由は復讐
 >那由多のことはよく分からない、かわいいからそれでいいんじゃないかなもう
一夜にとっての脅威は幽霊の見える遥、排除するための憂姫
 >分離した後のこの状況で、遥がいると滅ぼされかねないから?
那由多「こよみは人形の情報を、本物の人形が気づく前に、違う情報で上書きした」(まだ知らない真実があるはず)
 >時雨と憂姫が死んだことというのが隠されたもう1つの秘密
 >.人形の情報(時雨)を、本物の人形(憂姫)が気づく前に、違う情報(両親が死んでいたことを隠すという第一の秘密)で上書きした
 >(分かったような分からないような)
 >時雨は憂姫の記憶から作られた、では憂姫は誰から? そもそもこよみに殺されたの?

・憂姫、一夜の声が聞こえていた? いつから…?
 >(最初から?)
 >記憶を持っているということは、どっかで一夜と会ってるはず
 >両親を殺すようそそのかしたのは一夜?(いいえ、時空列が合わないのですよ)

・全生徒400人、減っていく生徒数
 >子どもを食べる、ばれないようにゾンビを作る
 >目をそらすための連続自殺事件
・千夜「姉を失ってから死ぬことばかり考えていた」「ぽっと発作的に死にたくなる、1000錠薬を集めた」
 >01でそんなシーンあったね
 「千夜という人格が死に、一夜という人格が私の身体を動かした」
 「自殺しようと繰り返す一夜、一夜の自殺を阻害する人格になった千夜」
・1人で飛行機に乗った(憂姫と一緒に飛行機に乗ったと思い込んでいた・・・そのシーンを覚えてないけど
 パリに向かわず安い飛行機に乗り換えた、遺体すら見つからない事故、時雨のみが生き残った
 (乗っていなかった、搭乗記録はあるが24時間後に保護された 、何かを隠そうとするこよみ)
 >こよみはすでに時雨が死んでるの知ってるからね
・こよみと憂姫が隠そうとしていたのは憂姫の寿命の事、憂姫と時雨の寿命が最初から一夜の人質
・過去の記憶、1人1人と炎に包まれていく
 (飛行機事故? 本来ここで時雨の寿命は尽きていたが、一夜と契約してのばした?)
 >当たらずしも遠からず、一夜はここで時雨に惚れて助けてたんやね

--a(千夜を選ぶ)
・化物(意識を乗っ取られた、元は人間だった)
 >一夜らによる遺伝子改造などの実験の結果?
・ゾンビ達を操っていたのは黒い指輪を使った那由多  >そう思ってた時代もありました
・反射だけで動作、時間加速
・那由多「5年前にあいつは死んだ、時雨をベクターとして使い、千夜という女に届ける、そう考えてた」
 那由多「時雨とふれあううちに、一夜の考えがわからなくなった」
 那由多「屋上に現れた時、わかった気がした 単純に考えすぎていた」
 那由多「那由多の推測はハズレだったのかもしれない」
・姉を消滅させたい、だから手伝って欲しいと千夜が那由多に持ちかけた
・那由多「時雨はいつも優柔不断、那由多はいつも選ばれないんだな」
・那由多の初恋の人に似ていた時雨
 >那由多が何を推測して何を思って行動してたのかまじで分からんよ
・一夜、最初の方なぜ人を殺した(食べた)?
 >寿命は、個体ではなく生命体の属する組織により割り振られる
 >人をたくさん殺し、自身を復活させるため
 >悪者になりきる一夜ちゃん天使天使、プレイしながら天使にしか見えてなかったしな(´・ω・`)
・千夜「姉の記憶は私の中にあると思い込んでいた」 「記憶を持つもの・持たないものに人格を分けて半分を消す」「時雨も姉の記憶を持っていた」「私の中で姉は生きていた」
 >(「人は2回死ぬ」のあれは、どの程度の記憶を持っているときを指すの? 千夜は肉親だからともかく、なぜ時雨?)
・千夜「精神的ショックで姉の名前を思い出せない」
 >(一夜は、姉の名前じゃないのでは?)
 >(飛行機事故の記録でもそうだし、名前が提示されない)
 >一夜というのは、5年前の飛行機事故での、時雨と一夜の2人の秘密のあだ名みたいなもんだったしね
千夜の姉は、飛行機事故で自分を複製して生き延びるつもりだった
  時雨が千夜の姉を殺したため、時雨の人形が生まれた
  >このミスリードのせいで過去になにがあった状態ずっと続いたぞ(´・ω・`)
  こよみ、気づいてしまった、偽りの人形を生み出した
  >こよみ、2重のウソで塗り固める
  >偽りの人形ゆうても、こよみ√見る感じ殺傷力ありすぎやろ...
  憂姫、昔の時雨に恋をしていた 偽物が許せなかった → 破壊しようとした → 両親を殺し、こよみに殺されかけるあの事件へ
  >時空列としては、やっぱり時雨死亡→こよみ過去編か
  >憂姫は結局、こよみに殺されてたのかね?
・自分と他人の記憶で自分を保証、不完全なら他人に記憶を元に復活できる
・死んだゆうきの記憶を使って再生されたのが「時雨」
 憂姫もすでに死んでいる(5年前)

--b(憂姫を選ぶ)
・こよみ「とっくに崩壊して、意味すら持たないものにすがりつく人多いよ」
憂姫に一夜の声が聞こえている(生前に関わりがある)
 >両親を殺すように促したは一夜なのかな?
・憂姫「かや、それが一夜先輩の本当の名前だよ」「何か思い出せないの?」「全然」「じゃあきっと、違う名前なんだね」
 >「じゃあきっと、違う名前なんだね」は5年前の飛行機事故で知った名前と、ということかな
・一夜「私はあなたの記憶の中に存在するだけです」「過去に生きていたかこ・・・その女と同一人物ではない」
・集団パロール、集団の無意識からの離脱
・一夜「仲間をかばってあなたが代わりに死になさい」「何度裏切られても信じ続けなさい」「そうすればあなたは変わることが出来る」「誰に変わるじゃない、あなたとして生まれ変わるのです」
 >一夜が悪者を演じるのをやめてるルートだよね、こっちのルート
・全滅した細菌のシャーレ
 時間がすぎれば終わりがやってくる、時間の流れ方だけが平等
・憂姫「私達は星の記憶なんだよ」
 >そういう世界観のゲームありそうね

--黒い腕(那由多)  <一夜の言うことに「従う」>
・人を5人殺して延命するルート
・俺は気づいていたんだ、憂姫が人間じゃないんだってことに
・生き延びてしまった那由多、似た者同士
 >よく分からない(´・ω・`)
>このルートは、一夜辛いよなぁ…・まあこれも1つの選択・結末やで

--優しいウソ(憂姫)  <一夜の言うことに「従わない」>
・一夜「賭けたんですよ、あなたに」
 一夜「私はもうすぐ消え去る運命です、こればかりはあがいてどうこうなる問題じゃない」「どんな絶望の淵でも踏みとどまれる人を探していた」
・一夜が消えて、憂姫が生き延びることが出来た(生き延びるための釣り合いが取れた)
 >ご都合主義気にせず、気持ちから生き延びたと思ったほうがいいのかも

--羽化(千夜)
・千夜過去(姉を嫌う理由) (ネズミの話)
・姉の名前「かや」
・一夜は、千夜の内側に作られた巣
 幽霊とは、生きた人間の中に眠る故人の記憶
・青い指輪 位置情報を送るだけ
 爆発は偽りの力、意味のないものに意味を持たせる
 爆発を起こしたり、人の思考を黒く染め上げたりはかやのやったこと
 >洗脳に近いこと一夜ができるって割とやばいっしょ
・時雨が死んだら生き返れないので困る
 自殺防止のための人格(将来使う予定の体を壊されたら困るから)
・自分の頭を斧で割る時雨
※(生き返るためには、自分と釣り合うだけの人の命を消さないと、みたいな描写がどっかにあったはず≒千夜の予想)
>最後まで悪を演じきる一夜
>結局、このルートでは一夜に助けられたって感じの終わり方するのよね
>悪を演じるにせよ、時雨を生き残りさせたいからというのを知った上で見るにせよ、とにかく人をいっぱい殺すのが目的っていうのは変わらない一夜たん天使

--一夜先輩を信じる
・復活だけが目的なら、時雨を死地に追いやることはないよね
 時雨を成長させようとしていたはず
・時雨を生かすことが目的だった一夜先輩
 >憂姫を活かすために罪を重ねた那由多√もあって一夜先輩に移入できるね
・5年前の回想が入るよ
 一夜という名前は時雨の勘違いからはじまったアダ名のようなもの
 事故のときに一夜が時雨を助けた
 一夜「優しいあなたのままいてほしい」「足りないのなら、後でたくさん生け贄を用意すればよい」「優しいままでいたら、あなたの記憶の中の私が、あなたを守ってあげられる」
 >憂姫を助けるために人を殺して回るルートじゃ......
・こよみ「今度はちゃんと記憶が残ってたんだね」
・天使があなたのことをずっと見守っている――そういう歌だよ。
・千夜により粉々に吹き飛ばされたはずの那由多
 那由多、転々と転校して自殺事件などのときに化物を殺して回ってた
 「那由多だよ、たくさんいるからね」
・それが誰であれ、那由多は那由多だ。それが、短く深い時間の中で学んできた、全てだった。
 >那由多はいっぱいいるのです
 >なんでもありな「銀行」ってのがある世界だし、実際、那由多はそういう存在だと思うしか...

前の世界にいなかった那由多は結局のところ何者?
 那由多はそういうものだとしても、本当にどこから湧いてきたって未だに思ってしまう(´・ω・`)
 連続自殺事件などの01の範囲では転向してくる前で、ひたすら化物を狩ってたのかな、というより01と02の世界も微妙に関係がわからない 夢扱いしてるけど、それはないだろうしね。微妙に世界線の違う世界みたいな電子レンジカッコカリてきな世界観を最初はイメージしてたよ
 時間がたつにつれて、影響力が弱まっていくから、千夜と一夜が分離してるとかってのも納得はいくが...。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アトハ

Author:アトハ
ウディタで好き勝手にゲームを作ってます。
すべては気の向くまま流れるままに。

連絡先など:
ath3739 ☆ gmail.com
(☆を半角アットマークに置き換えてください)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。